おでかけ 東京

東京おもちゃ美術館でランチする場所は?赤ちゃんと一緒に楽しむために

丈夫でぬくもりがある木のおもちゃは、いつの時代も人気がありますよね。

そんなたくさんの木のおもちゃで遊べるのが、東京おもちゃ美術館です。

おもちゃの美術館といってもただ見るだけではなく、実際触って遊べたり、自分で作る体験もできます。

「でもまだ0歳の赤ちゃんには早すぎるんじゃないの?」

はっち
はっち
大丈夫!赤ちゃんも楽しめる木育ルームがあるよ!
はちここ
はちここ
10ヶ月の娘と一緒に行ったけど楽しめた!

この記事では東京おもちゃ美術館の混雑状況やお得情報、赤ちゃんがどのくらい楽しめたかをまとめていきます。

また東京おもちゃ美術館にランチの場所については、下に書いています。(リンクからとべます)

事前に様子を知って、たくさんの木のおもちゃで遊んでみましょう!

※情報は更新時の内容です。行く際には最新情報を確認してください。

東京おもちゃ美術館 混雑は?料金は?赤ちゃんは楽しめる?

はちここが独断と偏見で、星付け評価★

設備
雰囲気
コスパ
滞在
おもちゃで遊ぶのは楽しいが、飲食できる場所がない
総合評価

おもちゃの種類が豊富で、自分でおもちゃを操作できる年齢だととても楽しめそう。

赤ちゃん専用ブース以外のおもちゃは、赤ちゃんが触るにはまだ早いものも多め。

でも親が操作してる様子を真剣に見ていたので、いい刺激にはなりました。

はちここ
はちここ
特に音が出るおもちゃやコロコロ動くおもちゃには興味津々
おもちゃで遊ぶ親子

赤ちゃんの木育ひろばは混雑していたけど、普段触らない木のおもちゃがたくさんで大人も満足。

ただ、レストランや食堂といったところは館内にありません。

持参した食べ物を食べれるスペースはあるので、お昼をどうするかは事前に考えていった方がよさそうです。

はちここ
はちここ
私たちは早めに行ってお昼前には退出したよ。帰り道のレストランでお昼にしました

東京おもちゃ美術館ってこんなところ

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館は、閉校した小学校の校舎の一部を利用している多世代交流型のミュージアムです。

校舎の2階が東京おもちゃ美術館の受付で、そこで入場券を購入します。

そして特徴的なのが、館内にたくさんいる赤いエプロンを付けた【おもちゃ学芸員】。

ボランティアスタッフで、おもちゃの説明や遊び方を子供達に教えてくれています。

おもちゃ学芸員さんと
はちここ
はちここ
木育ひろばでおもちゃ学芸員さんと一緒にボールの渡しっこをしたよ!赤いエプロンが目印

入館料はいくら?

2019年10月に改定した後の値段です。

おとな(中学生以上) 1000円
シニア(65歳以上)

※新宿区民のシニアは平日に限り無料。

住所や年齢がわかる身分証の提示が必要。

500円
こども(6ヶ月〜小学生)

※小学生以下は保護者同伴

700円

お得な特別券もあります。

おとなこどもペア券 1600円

平日のみ使えるパスポートも!(半年間有効)

おとな(中学生以上) 3500円
こども(小学生以下) 2500円

※新宿区民は200円引き。(住所確認が必要)

団体割引もあるので、詳しくは東京おもちゃ美術館の公式サイトをご覧ください。

ちなみに当日のチケットで、再入館可能です。

3人家族の料金例⦅父、母、娘10ヶ月⦆

おとなこどもペア券(1600円)+おとな1名(1000円)=2600円

アクセス方法

東京おもちゃ美術館までの道のり

☑︎東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩7分

☑︎都営新宿線「曙橋駅」より徒歩8分

曙橋駅からベビーカーで行ったのですが、途中結構なのぼり坂があって少し大変。

帰りは四谷三丁目駅に向かったのですが、そちらの方が坂道はなくて楽でした。

ベビーカーで移動すると、エレベーターが必要ですよね。

曙橋駅だとエレベーターがある地上出口と、おもちゃ美術館に近い出口は違っていたので要チェック。

はちここ
はちここ
今回は夫がいたのでベビーカー持って階段であがったけど、一人では無理だな。時間に余裕を持っていきたいね

ベビーカー置場

おもちゃ美術館はベビーカーでの入館ができません。

館内入り口のエントランス脇に置き場があります。

まだ歩けない赤ちゃんと一緒に行くなら、抱っこ紐があると便利!

美術館内はどうなっているの?

東京おもちゃ美術館館内図

【2階】

❶ミュージアムショップApty

❷グッド・トイてんじしつ

❸きかくてんじしつ

❹おもちゃのもり

【3階】

❺おもちゃのまち きいろ

❻おもちゃのまち あか

❼ゲームのへや

❽おもちゃこうぼう

【1階】

❾赤ちゃん木育ひろば

寄ってみて気になったブースをご紹介!

❶ミュージアムショップApty

おもちゃショップ※公式サイトより

たくさんおもちゃがある館内を回っていると、自宅にもおもちゃが欲しくなってしまいます。

はちここ
はちここ
出口のところにちゃんとおもちゃ売り場があるよ!

木のおもちゃも多く、売り場をじっくり見るだけでも楽しめます。

❷グッドトイてんじしつ

グッドトイ展示室

グッドトイとは、【認定NPO法人 芸術と遊び創造協会】が一定規準を満たしたよいおもちゃのこと。

(規準の一部:健全、安全、流行に左右されないなど)

たくさん並んでいるグッドトイは実際に遊ぶこともできます。

オーガニックのお人形から、頭を使う知育トイまでさまざま。

はちここ
はちここ
グッドトイに選べれたおもちゃが勢ぞろいでテンションあがっちゃうね

❸きかくてんじしつ

きかくてんじしつ

今回は日本のおもちゃ特集でした。

❹おもちゃのもり

おもちゃのもり※公式サイトより

木でできた大きなアスレチックや、20000個の木のボールがある木の砂場があります。

木のボールは通常より少し小さめ。まるで木のお風呂に入っているような感覚になりそうです。

木のお風呂

赤ちゃんの口に入らないように注意!

❺おもちゃのまち きいろ

ごっこ遊び(ショップ、ハウス、ファーム)を楽しめるブース。

ショップやハウスはわかるけど、ファームってなんだろうと思ったら収穫体験ができました。

ファームごっこ
はちここ
はちここ
娘は力が弱くてなかなか抜けず。私がスポスポ抜くのを不思議そうに見てたよ!

❻おもちゃのまち あか

日本伝統のおもちゃがたくさんあるスペース。

はちここ
はちここ
けん玉で遊んでみたのですが、なかなか刺さらず悔しい!

❼ゲームの部屋

ゲームの部屋

ここにはボードゲームやテーブルサッカーなどアナログゲームがたくさん。

壁(写真内の矢印)にはたくさんのボードゲームが展示されており、実際に手にとって遊ぶことができます。

はちここ
はちここ
ルールが理解できるお子さんや大人向けかな。大人ならずっと遊んでいられそう

❽おもちゃこうぼう

おもちゃこうぼう

簡単な材料を使って、実際に作ってみることができる工房。

日によって内容は変わるのですが、この日は動物お面やふりふり卵を作るプログラム!

はちここ
はちここ
教育番組のわくわくさんみたいだね!自分で作るのは楽しそう!

当日に3階予約カウンターでの予約が必要です。その日によって内容や定員が変わるため、当日受付横の掲示板や公式サイトを事前にチェック!

❾赤ちゃん木育ひろば

娘10ヶ月はここがメインだったので、詳しくお伝え!

赤ちゃん専用の木育ひろばに行ってみたらたくさん木に触れ合えた

赤ちゃん木育ひろば
木育ひろばは0〜3歳の赤ちゃん限定の遊び場です。

入るときのようす

1家族につき1日1回90分

と入り口に看板が出ていましたが、入室時間を確認されることはなかったです。

はちここ
はちここ
自分で時間管理する形かな

中は土足厳禁なので、入り口で靴を脱ぎそばにある棚に靴をいれます。

荷物はひろば内の壁側にある扉付きの棚の中に入れるようで、学芸員さんが声かけてくれました。

おもちゃがたくさんの遊び場

中は木でできたおもちゃ、滑り台、トンネルなど木のぬくもりであふれています。

娘が気に入ったおもちゃは、木の卵!

木の卵

このスペースにはおもちゃ学芸員さんがパペットを持っていて、たくさん声かけしてくれました。

はちここ
はちここ
家族以外と関わる機会があるのは嬉しいね

そして、人気だったトンネルも順番待ちして通ることができました!

木のトンネル
はちここ
はちここ
ママの呼びかけに無反応で、転がってしまったおもちゃを追いかける形でトンネルを通りました
木のおもちゃ

そしてたくさんある木のおもちゃ!

娘は木の舌触りがいいのか、手にしたものはよく舐めていました…

木育ひろばでのルールは、

舐めたものはそのまま戻さず、学芸員さんに渡す!または指定のカゴに入れる!

赤ちゃんはなんでも舐めますが、学芸員さんに渡せば除菌までやってくれるので安心ですね。

授乳室やオムツ替えする場所

木育ひろばには、授乳室とオムツ替えする場所があります。

授乳室は、スタッフに声を掛けると簡易的な敷居でスペースを確保してくれます。

はちここ
はちここ
館内にはここ1つだけ。1回につき最大2人までなので、混んでるときは待つ可能性もありそう

オムツ替えスペースは、木育ひろばに入る前の下駄箱横にあります。

オムツ替えスペース

替える台は3つ。オムツのゴミ箱もありました!

ちなみに館内のオムツ替えスペースは全部で2つ。

☑︎木育ひろばの入り口

☑︎エントランス横の「だれでもトイレ」内

→玄関入って2階の受付にあがる前にあります。

忘れずにチェックしておきましょう。

木育ひろばの混雑状況

土曜日のお昼前(11時過ぎ)に行ったときも結構混雑してました。

真ん中の木のボールスペースは比較的遊びやすかったですが、滑り台やトンネルは軽く順番待ちをしている状態。

赤ちゃん1人で両親2人のところも多く、人口密度は高かったです。

東京おもちゃ美術館の混雑状況はどのくらい?口コミまとめ

いつが一番空いているか口コミにて調べてみました。

土曜日曜の混雑状況

女性
女性
土曜日に行きましたが、ラッシュの駅のような混雑ぶりでした
女性
女性
土日は午後が混んでる
男性
男性
日曜日の午前中に出かけた。賑わっていたけど混んでてイライラするわけじゃない
女性
女性
日曜日は混雑してました。工作は2時ころ当日分はなくなっていました

平日の混雑状況

女性
女性
週末は激混みだけど平日は空いててよかった
女性
女性
平日の午前中に行きました。そんなに混んでおらず子供達は走り回っていました
女性
女性
平日の午後に行きました。混雑していたので部屋が窮屈に感じましたがちょっと遊ばせるにはちょうどいいかなと思いました

GWなど連休の混雑状況

女性
女性
連休の中日であったためか、すごい人!所狭しと大人と赤ちゃんが遊んでいました
女性
女性
今日はGWで人が多かった

狙い目は平日の午前や休日のオープン直後!

お昼前後や午後はだいぶ混雑が予想されます。

できれば早めに遊んで、混雑する前に帰るパターンが一番よさそう。

ちなみに施設は16時までなので、閉館間近もそこまで混雑緩和にはなりそうもありません。

はちここ
はちここ
空いている時間帯を狙っていきましょう

東京おもちゃ美術館が子ども連れにオススメなポイント!

はちここ
はちここ
実際に行って感じたオススメポイントを紹介します!

1)木のおもちゃで遊べる!

やっぱり一番のオススメは、木のおもちゃで思いっきり遊べること!

木のおもちゃの触り心地は、プラスチックとは違って温かみがありますね。

はっち
はっち
木のおもちゃは熱が伝わりにくい素材。だから人肌に感じるんだって。

そんなおもちゃでたくさん遊べるのはいちばんの魅力です。

木のおもちゃ

2)幅広い世代で楽しめる

0〜3歳が楽しめる木育ひろば、4歳から楽しめる木のアスレチックスペース、小学生は自分でおもちゃを作る体験もできます。

子供たちの年代に合わせて遊ぶことができ、もちろん大人でもボードゲームで楽しむことができます。

はちここ
はちここ
親子や兄弟で行くのもいいし、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に行っても楽しめそう!

東京おもちゃ美術館に行くなら注意するポイント!

初めて行ったときに、こうすればよかった!と思ったこと。

初めて行く方の参考になれば嬉しいです。

ベビーカーは館内に入れない!赤ちゃんは抱っこ紐があると便利

移動には便利なベビーカーですが、おもちゃ美術館の館内には持ち込みできません。

また、館内は1階から3階まで移動するのですが基本的に階段です。

赤ちゃんの抱っこ紐は持っていくことをオススメします!

トイレは1階に1つだけ!入る前に行っておこう!

トイレはおもちゃ美術館に入る前の階段下にあります。

館内にはないため、入館する前に行っておくのがオススメ!

男子トイレ、女子トイレの中に、一ヶ所ずつベビーキープ(赤ちゃん用椅子)が備わっています。

だれでもトイレの中におむつ替え台があります。

昼食を食べる場所の確認

館内は食事が禁止で、食べる場所もないです。(水またはお茶のみ廊下のベンチで飲むことが可能)

ただ東京おもちゃ美術館が入っている建物の別場所には、多世代交流サロンがあります。

はっち
はっち
自由に使っていいフリースペースで飲食もできるよ

【多世代交流サロン】

開室時間 休館日をのぞく毎日
利用料金 無料
利用時間 10:00〜17:00

※イベントや選挙、その他で利用できないこともあります

おにぎりなどを持っていけば、フリースペースでご飯を食べることができますね。

はちここ
はちここ
私が行ったときは、自販機前のベンチや外のベンチで昼食食べている人もいたよ。持参するのもひとつだね

あとは四谷三丁目駅のそばに食べる場所がいくつかあるので、事前のリサーチをオススメします。

はちここ
はちここ
四谷三丁目駅から駅から2分のハンバーガー屋IslandBurgersが気になる…

ちなみに当日に限り再入館可能だから、お昼食べてからまた戻って遊ぶことができます。

周辺施設のチェック

おもちゃ美術館から徒歩5分、四谷三丁目駅のそばに、消防博物館があります。

ここは無料で消防の歴史について学べるところです。

展示もあるのですが、屋外消防ヘリの操縦席に座れたり、試着の防火衣(子ども用あり)を着てポンプ車に乗れたりなど、実際の体験もできます!

はちここ
はちここ
知らなかったから普通に帰ってきちゃったよー

時間があればついでにのぞいてみるのもオススメです!

東京おもちゃ美術館は赤ちゃん連れにもオススメ

10ヶ月の娘と遊びに行きましたが、木育ひろば中心に楽しめました。

木のアスレチックや操作が必要なおもちゃが遊べるようになったら、また行きたいなと思ってます。

☑︎赤ちゃん専用の木育ひろばがある

☑︎授乳室やオムツ替えスペースがある

☑︎ぬくもりある木のおもちゃでたくさん遊べる

ぜひ赤ちゃんと一緒に楽しんでみてくださいね!

\おでかけするなら日焼け対策/

赤ちゃんの日焼け止めっていつから?知っておきたい日焼けの知識強い日差しには、日焼け止めなどの対策は必須。でもお肌の弱い赤ちゃんは?いつ頃から日焼け止めがが必要なんだろう、…そんな疑問を抱いたはちここが調べてみました。また実際に使ってリピートしたいと思ったオススメの日焼け止めもレビューしています。...

【東京おもちゃ美術館】

住所 東京都新宿区四谷4ー20

四谷ひろば内

電話番号 03ー5367ー9601
開館時間 10:00〜16:00(入館15:30まで)
休館日 木曜日(2月と9月に特別休館日あり)

 

検索